FC2ブログ

Trinityのがぶ飲みブログ

横浜市青葉区新石川、東急田園都市線たまプラーザ駅にある隠れ家的なワインバー“Trinity Wine Lounge & Cafe”です。  ここでは、日々の出来事やワインに関する情報を紹介していきます。  

UFO…?

お店のお客様からお土産をいただきました。
ラップのようなモノでぐるぐる巻きにされて、真ん丸になっています。
しかも巻き終わりがどこにあるのか、全く分からないほどピッチリ巻かれています。
大きさは赤ん坊の頭ほどあり、ずっしりと重いです。
CIMG2661small.jpg
「こ、これは…一体…?」

ずんぐりとした形は、まるで未確認飛行物体…!
まさか、UFO? ということは、この中に小型の宇宙人が…?
やはり地球侵略はもう始まっていたのか…!?
だとしたら、人類はもう滅ぶしかないのか?

「いや!まだ希望はある!」
「中にいる宇宙人と親しくなって、侵略を止めるよう説得するんだ!」
私は勇気を振り絞り、「ぐるぐる巻き」を開けてみることにしました。

「あああぁぁぁ!こ、これは…!」

「よーし!そのまま触らないで!」
突然、黒のスーツにサングラス姿のウィル・スミスが部屋に入ってきました。
「な…何か御用ですか…?」
ウィル・スミスは何も答えず、私の顔の前に万年筆のようなものを差し出しました。
ウィル・スミス2
ピカッ!

「???」
「いやぁ、あんたイイものをもらったねえ。これ、本場韓国のキムチじゃないか!
本場のものだけにかなり辛いけど、旨みもしっかりあって病みつきになるぜ!」
「キ…キムチ…?」
ポカンとする私にウィル・スミスが説明してくれました。
「あんた、韓国じゃキムチをラップで巻いて売ってくれるって知らなかったのかい?
イマドキ常識だぜ?こういう風にぐるぐる巻きにしておけば持ち運びに便利だろ?」
「な、なるほど…!」
CIMG2670small.jpg
二人でキムチをつまみにビールを飲み、すっかり打ち解けてしまいました。
せっかくなのでウィル・スミスにも本場のキムチをおすそ分けしました。
わざわざハリウッドから来てくれたのに、手ぶらで帰らせるわけにはいきません。

「それじゃぁ、そろそろ帰るよ。体には気をつけてな」
「ウィルさんもお元気で。ところで『アイ アム レジェンド』はちょっとビミョーでしたね」
「ハハハ、ハンコック!」

ウィル・スミスは颯爽と帰っていきました。
彼がいなくなってシーンと静まり返った部屋を見渡して大変なことを思い出しました。

「サインもらうの忘れたぁ!」
http://www.trinity-wine.jp/

«  | HOME |  »

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード