Trinityのがぶ飲みブログ

横浜市青葉区新石川、東急田園都市線たまプラーザ駅にある隠れ家的なワインバー“Trinity Wine Lounge & Cafe”です。  ここでは、日々の出来事やワインに関する情報を紹介していきます。  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年ボージョレ・ヌーボー情報!

毎年、ワインファンの間で話題に上がる「ボージョレ・ヌーボー」
「今年の出来はどうかな?」と気になり始めていたところです。
10月20日に、かのジョルジュ・デュブッフ氏が地元紙に今年のヌーボーの作柄を語っていました。

日本語に訳されたものをゲットできたので、載せてみます。

毎日私たちは200以上のボジョレーとボジョレーヴィラージュ2009年のサンプルを試飲しています。
どれもボディと骨格がしっかりしているので、どのサンプルも素晴らしく、どれが一番良いかを決めかねる出来具合です。

最も難しかったことはいわゆる「ヌーボー」的なワイン、つまり軽くて香り高いものを見つけることでした。
今年の収穫では太陽ときわめて高い気温がブドウの生長に最適でしたので、極めて出来のよい、むしろ素晴らしいワインとなり、熟成も可能になることでしょう。

きわめてよい出来です。むしろよく出来すぎです。
2009年のヌーボーは赤スグリや野生のイチゴのアロマを持つ、明るく、早飲みの、酸の強い、軽いワインを期待してはいけません。

今年のヌーボーは極めて熟したブドウが収穫できましたので、力強く、偉大で、バランスが取れたワインとなり、リッチでスムースなフレーバーにあふれています。
フルボディでブラックベリーやダークチェリーなどの色が濃いベリーのフレーバーがあります。

ボジョレーヌーボー2009年は一生に一度あるかないかの極めて優れたビンテージです。
ワインメーカーのプライドを満足させる表現が可能なワインです。かつてない高い品質を飲み手に与えることでしょう。

ひとによってはヌーボーワインとしてはリッチすぎるとか、偉大すぎると言うかもしれません。
しかしこれは今年の夏が極めて素晴らしかったことの表れなのです。実際のところ、ボジョレーヌーボー2009年は偉大なワインです。
いきいきとし、フルボディで、フレーバーにあふれ、スムースな味わいで、高品質の極みに達しているため、飲み手に喜びと多いに満足を与えることでしょう。

ボジョレーヌーボー2009年は三ツ星ワインであり、後の世にも秀逸なビンテージとして君臨することでしょう。


2005年ヴィンテージ以来、ここ数年良い作柄に恵まれなかった感じのボージョレ・ヌーボーですが、今年は期待大のようですね。
デュブッフ氏の言うとおり、原料ブドウの質の高さから考えるとヌーボーだけでなく、その後数年経ってから出荷される通常のボージョレや、村名を名乗って出される「クリュ・ボージョレ」の出来栄えも期待が持てそうです。

今年の解禁日は11月19日木曜日。
楽しみですね。

http://www.trinity-wine.jp/
スポンサーサイト

 | HOME |  »

FC2Ad

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。